借金返済ブログ!今お金で悩んでいるあなたへ先輩から贈る言葉

空と海DCIM100GOPROGOPR0541.JPG

真琴さんの借金返済ブログ!なんと約80万円の過払い金が戻ってきたよ

80万戻ってきたブログ
この借金返済ブログを書いた人 ペンネーム:真琴

転職後、体調が悪化。
仕事ができない時期が続きました。
そこで利用したのがカードのキャッシングです。
当時は2枚のカードを使っていて、キャッシングの総額は60万円。
過払い金として戻ってきた金額は、なんと約80万円でした。

あなたはキャッシングでお金を借りた経験はないですか?

もし、昔に長く返済した経験がある人は、
貸金業者に払いすぎた金利がある可能性があります。

わたしは、過払い請求することで、
なんと80万円もの大金が戻ってきたからです。

このブログでは、
いつの間にか過払い金が発生していたという私の過払い請求体験談を紹介します。

あなたの借金返済のお役に立つことができれば幸いです。

困ったときに便利だった消費者金融のカード

わたしは、大学を卒業して就職。
お給料は比較的良かったので貯金もしてました。

職場の環境は良好でしたが、
選択肢を広げるために転職しました。

今から思えば、わたしの人生が狂いはじめたのはここららです。

転職した会社は外資系の会社で収入も上がったのですが、
朝から晩まで働いていたので慢性的な睡眠不足が続きました。

深夜に帰り、朝早く家を出る生活を続ける生活。
なぜか髪の毛がたくさん抜けるようになりました。

食欲もなくなりました。
体重も減ってしまったので友人が心配するほどでした。

貧血がひどくなり病院で検査をしたところ、
休養が必要だと言われました。

健康は財産と言いますが、それは本当です。
健康でないと、検査の費用や薬代がかかります。

3割負担といっても普通の会社員にとっては痛い出費です。
健康になるために貯金を使っていたら、あっという間に底をついてしまいました。

そこで頭に浮かんだのがカードでのキャッシングです。
マルイのカードはありましたが、もう1枚クレディアでカードを作りました。

書類を送ったらすぐにカードを作ってくれました。
最初は限度額が20万円だったのですが、しばらくすると50万円になりました。
いざというときにカードを使ってお金を借りることができると思うと、ホッとしました。

休みが多くなると迷惑がかかるので勤めていた会社は辞めることに。
しばらくは体調の良いときに研究所などのデスクワークをしてました。

こんなことになるなら
転職なんてしなければ良かった・・・
と反省しても、時すでに遅し。

ボーナスを貰ってから会社を辞めたので、
しばらくはお金の心配もなく普通の生活が続きました。

クレディアのキャッシングで借りていたお金も、短期間で返済できました。
昔はかなり利息が高かったので、私は良いお客さんだったと思います。

借りては返すの繰り返し

体の調子が本来の状態に戻らないので、
しばらくは派遣会社に登録して仕事をしていました。

体調の良いときに集中して仕事を入れていたので、何とか生活するだけの収入はありました。

ところが、ある日体が鉛のように重くなり、しばらく寝込んでしまいます。

ボーナスの残りや少しずつ貯めたお金がまた少なくなっていき、悲しい気持ちになりました。

しかし、全額返済しているので、
いざとなればクレディアのカードもマルイのカードも使えます。

そう思うと、どういうわけか安心感がありました。
今月はちょっとピンチだと思うと1万円から2万円をキャッシングで補うようになり、借りる額が大きくなっていきます。

借りては返す自転車操業状態だったのですが、何とか毎月支払っていました。

ある日過払い請求について知る

体調は一進一退を繰り返していたのですが、
ある漢方薬のおかげで体のだるさがなくなり、だいぶ元気になりました。

体が元気になると前向きに考えられるようになり、仕事に対する意欲も出てきました。

以前化粧品関係の会社で働いていたときにパソコンのサポートもしていたので、その縁でIT企業で働くようになります。

2枚のカードと長年付き合ってきた私ですが、
その期間は10年近くになっていました。

ある日パソコンでネットサーフィンをしていたら、弁護士のブログを見つけました。
そこにブログには「過払い請求」についての記事があったのです。
この記事を読み終わった私は、自分も過払いが発生していることを確信しましたのです。

これを境として、わたしの運気は上昇しはじめました。

それから毎日のように情報を収集し、ある司法書士を知ることになります。
埼玉県和光市で司法書士事務所を開業している男性で、過払い請求業務に力を入れている人でした。

ブログとホームページを見て実績が豊富にあることがわかり、この人なら信頼できると考えて相談することにしました。

やはり過払いが発生していた

相談するときにはカードと契約書などの書類を持っていきます。

支払い明細書も私はすべて保管してありました。
かなりの量になりましたが、バッグに入れて持っていきました。

司法書士法人萩原事務所は和光市の駅からすぐの場所にあります。
事務所に入ると女性がお茶を出してくれて、担当の若い男性が話を聞いてくれました。

クレディアのカードとマルイ(エポス)のカード2枚とそれぞれの契約書、明細書を提出すると担当の男性は受け取って別室に行き、しばらくして戻ってきました。

取引期間が長く過払い金が発生しているということが分かったのです!
わたしは、すぐに過払い金請求を依頼することにしました。

手続きをして事務所を出ましたが、
思っていたよりもスムーズに手続きが済み安堵したことを今でも覚えています。

一般的に5年以上取引があると過払い金が発生している可能性があります。

借金を完済した人でカードも契約書を無くしてしまったので、
過払い請求ができない・・・・

そう思っている人がいるようですが、
カードや契約書が残っていなくても過払い請求はできます。

過払いをしようとする人から請求があれば、
貸金業者は過去の取引履歴を開示する義務があるからです。

氏名や生年月日、住所で本人の確認ができます。

過払い金が戻ってきた!

過払い請求を依頼して1ヶ月ほど経っても音沙汰がない。

心配しました・・・

が、2ヶ月経った頃に電話で連絡が。

過払い金がどのくらいの金額になるかわからなかったのですが、
クレディアとマルイの合計で、

なんと約80万円。

主にクレディアのカードを使っていたので、
過払い金の9割はクレディアのものです。

司法事務所への支払いは過払い金の中から清算されます。
過払い金請求を司法事務所や弁護士事務所に依頼する人は多いです。

私は最初から専門家に任せるつもりでしたが、
良い司法書士事務所に出会えてラッキーでした。

司法書士事務所にしても
弁護士事務所にしても
やはり実績のある良心的な事務所を選ぶことが大切と痛感したしだいです。

 あなたの借金も法律の力で減らせる?

法律の力で借金が減らせるのか。
それとも無理なのか・・・。

弁護士に聞けばよいけど、
それもなかなか大変。

そこで、できた便利なツールがあります。
それが「借金の減額 無料相談」。

匿名で使える。
無料で使える。
すぐに診断結果が出る。

ということで多くの方がお使いです。

↓ 今なら無料で診断ができる!

さちママの借金返済ブログ!自己破産は始まりで終わりじゃないよ!

自己破産で万歳

借金で苦しんでいるひとに伝えたい事

私は以前、借金の返済で毎月苦しんでいました。

結婚していた時には旦那に内緒で借りていたので、返済するお金を作るためにまた借りて…の繰り返し(´Д`;)

『いつ楽になるんだろう』と途方にくれていた時期もありました。

子供もいて、かかるお金は絶対かかるし、節約するのだって限られてしまうわけで……
そんな私が言うのも何ですが(笑)

私は自己破産しました。

正式に自己破産になったのは、まだ2年前の事です。
誰にも相談できずに悩んでいる人にこそ、私の言葉を聞いてほしいです。

一人で抱え込むとろくな考えが思いつかず、借金も雪だるま式になっていずれバレる頃には大金になってしまうなんて事も多いです!

そして、借金に苦しんでいる人も意外と多いです。

私が自己破産するのに出廷した時、集団裁判だったのですが30人ほどいました。
同じ市内でそれだけいるので、県内、国内ならもっといるはずですね。

けして恥ずかしい事ではないんです。
支払いを滞って、催促されてからバレる方がよっぽど恥ずかしい事だと思いますよ。

まずは専門家に相談!!

私は一人で悩んでいて、どんどん借金が増えて行きました。

例えば、借金返済するために内緒でお金を作るのですが生活費が足りなくなってしまった場合…光熱費などの支払いは現金でも買い物はカードでできるので、食費の5万を返済にあててカードで買い物をしていたり…。

それでは手数料がかかるだけなのは承知の上で、そうするしかないんです。

それしかその時は方法もなく、無知なのでわかりませんでした。

そんな時です。

たまたまネットサーフィンしていたら『借金で苦しんでいる方!相談に乗ります!』という広告を目にしました。
私は藁にもすがる思いでそのサイトを読み漁りました。

そこで、色々な情報がわかりました。

▪債務整理の中にも色々な種類がある事。
▪長く借金を支払っている場合は、過払い請求と言って払い過ぎた分を返金してもらえる事。
▪任意整理でも、個人再生でも、過払い請求でも自己破産でも最終的な扱いは同じという事。
▪同じような悩みを持っている人は、たくさんいると言う事。

そして、そう言った悩みは個人で無理に解決しようとせずに弁護士や司法書士など専門家に相談だけでもした方がいい事など、たくさんのアドバイスが書いてありました。

そこで私は、ネットに載っていた所は司法書士で事務所が東京で遠いため、県内の『弁護士会』と言う所に電話で聞いて探しました。

何度か通ったり話し合う事を想定するなら、近場の方がいいと思ったからです。
子供もいるし(当時は保育園に行ってない子が3人いたので)、遠出は経済的にも無理だったのですが…こちらまで出向いてくれる事と後の事は書類などを郵送して済むとの事で『はたの法務事務所』に相談するだけしてみることにしました。

話はじっくり、恥ずかしがらずにすべて話す!!

経済的にも厳しかったので、見栄を張る所でもないしすべて正直にお話しました。
返済額だけでも月々8万くらいで、専業主婦だった私にはとても返済がキツい事や、旦那に内緒にしている事、これからも仕事をできる状態ではない事などなど。

任意整理や個人再生は相手側と話をつけてある程度の金額で収めてもらう方針で、過払い請求はできる状況ではなかったので却下。

自己破産は、当事の私にはメリットしかなかったので勧められ自己破産する事にして正式に依頼しました。
任意整理や個人再生で決めた金額を支払い続けられなくなった場合、自己破産に切り替える事も可能ではあるが支払った分は返って来ないので、支払える見込みがない現状で損するだけなのでは?
と指摘されたのがきっかけです。

それからはみるみる話が進んで行き、1ヶ月支払いが滞っていたため催促の手紙やハガキ、電話が凄かったのですが次の日からピタリと止まりました。
それだけでも、相談して依頼した甲斐があると感じました。

自己破産のメリットとデメリット

まずはメリットから。

単純に今までの借金を支払わなくて済みます。
借金地獄からすぐにでも抜け出す事が出来ます。

次にデメリットです。

これは債務整理全般同じなのですが、クレジットカードが作れなくなったりローンが組めなくなったりする期間があります。(だいたい8年と言われてるらしいです)
それと、官報に載る事。

私は専業主婦なため、ローンも組めないですしクレジットカードも作れません。
なので、デメリットには感じませんでした。

官報も見る人はそんなにいない事から、バレる心配もない事を司法書士の人から聞いたので、やはりデメリットには感じませんでした。
それより、毎月、毎日返済に悩まされ、催促に悩まされる方がよっぽどのデメリットに思えました。

費用は全部で25万。

支払いは無理のないように分割で月々2万にしてもらいました。

支払いが滞ってしまう事ももちろんあったのですが(当時は妊娠中で出産も控えていたため)、長い目と暖かい目で見ていただき2年かけてやっとすべて終わりました。

ただ、弁護士と違い司法書士は裁判は一人で出廷しなければならないので、それが嫌な人は多少高くなっても弁護士の方がいいかもしれません。

書類を集める段階でも司法書士は面倒だと聞いていたけれど、私はまったくそういう事は感じませんでした。

専門家の人のアドバイスはちゃんと的をついてるし、絶対自分のためにもなるので依頼するかしないかは別として、相談だけでもするべきだと思いますよ!

無料相談もやってます。
一人で悩まずに、解決策を見つけてもらってください。

借金整理の無料相談ができる弁護士・司法書士

 

たらこの借金返済ブログ!借金総額200万までの道のりと返済奮闘記!

借金返済200万
この借金返済ブログを書いた人 ペンネーム:たらこ

初めての借入は22歳の時。
1人暮らしを始めてから遊びまわった結果、30歳を超えて借金の総額が200万円を突破しました。
確実にブラックリストに名を連ねているであろう、借金のスペシャリスト。

私は今現在30歳を超えていますが、20代前半から消費者金融を利用して借り入れをし、現在その総額が200万円を超えています。

中にはクレジットカードのショッピング利用枠やキャッシングも含まれていますが、まあその辺りもすべて借金として認識するものですよね。

そんな私が借金の総額が200万円を超えるまでに至った経緯と、返済にあれやこれや奮闘している経験談をこちらでご紹介。

こちらのブログをきっかけに、少しでも借金を抱えている方の気持ちが楽になったり、返済に向けて頑張ろうなんていう気持ちが生まれてくれると嬉しいです!

すべての始まり!こうして私は多重債務者の道を歩き出した

そもそも私は学生の頃、比較的お金にシビアな生活をしていました。

というのも、父親が公務員、母親が専業主婦という家庭で育ったのですが、「公務員」と聞くと誰しもが「お金に余裕がありそう」なんて考えるじゃないですか。

でも、私の家庭はそんなことはなかったのです。

父親も母親も金遣いが荒く、給料日にはご馳走を、給料日前になるとカツカツの財布で節約ご飯を振る舞うような、典型的な貯金ができないタイプの両親でした。

特にショッキングだったのは、母親が知人にお金を貸してもらえないか、電話で頼んでいる姿を見た時です。

まだ私が中学生くらいの頃でしたが、それを見て「私はお金に関してはしっかりしよう」なんて思ったものです。

しかし、血は争えないのか、

それから2倍以上の年月を生き、両親以上の多重債務者になったのではないかと、自分で自分が恐ろしい。

すべての始まりは、新宿歌舞伎町で水商売を始めたことでした。

水商売で働いていると、一日に多額のお金を使うお客さんが非常に多く来店します。
その売り上げの成果によって自分の給料が決まるので、多少無理をさせてでもお金を使わせようとするのです。

そして、水商売には「カケ」という言葉があり、いわゆるツケができるんですね。
一日に数十万から百万円前後のお金を使う人もいますので、「その日に払えなくても後日払ってくれればいいよ」という救済制度みたいなのがどのお店にもあります。

しかし、数十万円のお酒を飲み散らかして、そのまま連絡が取れなくなったらどうやってお金を回収すると思いますか?

そうなんです。

そのお客さんの担当、つまり私が肩代わりすることになるのです。
そうして私は自分のお客さんが使った30万円を支払う為、アコムに足を運び借金生活の第一歩を踏み出しました…。

ブラックリスト入り確定!クレカの支払いができず会員資格失効

借金の怖いところは、一度借りてしまうと二回目、三回目の借入に対する抵抗がまったくなくなるところ。

私はお客さんの使ったお金を肩代わりするために、アコムで30万円の借入をしましたが、その後自身の生活費や遊ぶお金のために、返しては借りてを繰り返すようになりました。

挙句の果てに、「消費者金融の借入審査ってチョロイんだな」なんて考えるようになり、プロミスやアイフルでも遊ぶお金を借りて使いまくる始末。
しかし、借りたお金は返さなくてはいけません。頭では分かっていても、借りる時は「後でどうとでもなるだろう」なんて考えてしまうんですよ。

この時、私はフリーターの身でありながら、3社から借り入れをして総額80万円の借金がありました。
さらに、クレジットカードも所有していて、飲み会や行きずりの女の子と遊ぶお金を支払うために、クレジットカード二枚も利用限度額いっぱいまで使っている始末。

併せると既に150万円近くの借金があったと思います。

そうして返す当てもないお金を借りまくった私は、クレジットカードの支払いを滞納。
1ヵ月経っても支払わず、電話連絡も無視していたところ会員資格を失効しました。

「あ、これがブラックリスト入りってやつだな」

他人事のように感じた私は、まだ何も学んでいなかったのかもしれません。

債務整理を検討した27歳・夏。しかし現実は甘くない

アルバイト生活で稼いだお金も借金の返済や税金の支払いに充てると、生活費がギリギリ工面できない程度しか用意できず、この現状をどうにかしないと命が危ないなんて考えるようになりました。

その時、ネットの広告バナーで知った、匿名で弁護士に債務整理の相談ができるサービスを知ります。

調べてみると出てくるじゃないですか!
借金の返済額が減った!
なんていう口コミの数々が。

「これは利用するしかない」

そう考えた私は、早速そのサービスをネット上から申し込み。
いくつかの弁護士事務所が提携しているらしく、その中の1つが私と面談してくれることになりました。

足を運んだのは赤坂見附。
赤坂見附法律事務所という、シンプルな名前の法律事務所。

人生で法律事務所に足を運ぶことになるなんて夢にも思っていなかった私ですが、ここまで借金が膨れ上がったのならもうなりふり構っていられません。

弁護士さん!私の借金をどうにかしてください!

そうして事務所に入り、案内された部屋で待っていたところ、田〇さんという若い弁護士さんが担当してくれることに。

しかし、現実はそう甘くはなく、面談は30分もしない間に終わりました。

結論、
「これはもう自己破産しかないっすね~」
……は?
債務整理は?

色々と詳しく話はされましたが、覚えているのは「返済に対して収入が少なすぎる」という点と、上記のチャラついた結論のみ。
27歳にして初めて債務整理を検討しましたが、もはや専門家も私に助け舟を出してくれない始末。

私の未来はどっちだ!?

おまとめローンの落とし穴!もう私の借金が止まらない

いよいよ生活費もロクに用意できなくなった私は、知恵を絞って最後の手段に出ました。

その方法は「おまとめローン」。
複数の消費者金融から借りている借金を一本化することにより、月々の支払額を減らすというあれですね。

しかし、私が考えたのは通常のおまとめローンの使い方ではなかったのです。

おまとめローンは、一時的に1社から他の消費者金融から借りているお金を借りて、返済し一本化するサービス。

つまり、一時的に他の消費者金融の借入額はゼロになるのです。

その後、しばらくするとおまとめローンしている情報は共有されるので借りれなくなるのですが、すぐに借りれなくなるわけではありません。

その少しの時間を利用し、さらに借金の総額を増やしながらも生活苦をしのいだのです。
おまとめローンを利用したのはアイフル。

唯一私みたいなやつの審査を通してくれた、とってもありがたい親友のような存在。

アイフルで消費者金融計3社から借りている総額80万円を一本化し、一時的に借入額がゼロになったプロミスから追加で50万円を融資。

結果、私の借入総額は130万円となり、クレジットカードの利用額を含めると200万円を超える結果に。

ここまで来て、やっと私の借金は限界を超え、もうどうやってもどこからもお金を借りることはできなくなりました。

借金の返済に困っている方も、どういった形でも良いので「もうどうやっても借りられない」という状況を作ってみるのも良いかもしれませんよ。

非常に苦しい生活が待っていますが、もう返済するしか道は残っていませんので、きっと借金の総額が少しずつでも減らせると思います。

私もほら、月々1万円くらいは元金の返済ができてますから。

……できてますよ?

……できてますよね?

きっと。

 

いつか貯金さんの借金返済ブログ!お願いだから、貸出金利を下げると言わないで

借金返済ブログ3

 

この借金返済ブログを書いた人 ペンネーム:いつか貯金

大学卒業後、お堅いと言われる公務員になったにも関わらず、ここで借金生活がスタート。
以後、返していき(返すために月々の給料が良い仕事に転職までしたのに)コツコツやっていたのに、金利が下がると聞いて、大きい買い物とか何らかの出費とかの度に頼ってしまうダメ男です。

あなたも返すつもりでお金を借りましたよね。

最初に借りた額返して終わらせるつもりでしたよね。

僕もそう。

でも、なぜかその後の生活で新しくお金がいって、また頼っちゃいますよね。
僕もです。

そんな人に、共感的、いや反面教師的に読んで欲しいブログです。

さて、

UFJ銀行のATMに入り、お金をおろすというと、単なる銀行に振り込まれた給料からやりくりしてるんだろうなーって思いませんか?

思いますと言う方、健全ですね。

僕は違いますよ、UFJのカードローンでもやってるのかなって思っちゃいます。
僕と同じだなって(笑)。

そうです、僕はUFJカードローンにかれこれ10年近くお世話になっている「いつか貯金」と申します。
以後、お見知りおきを。

いやー僕だって大学生時代は、借金なんてって、そう思っていましたよ。
多分、借金ある人なんか軽蔑もしてたんじゃないかなー。

住宅ローンと奨学金以外は、なんでする必要あるのって思っていたんです。
ところが、社会人1年目の10月、僕はカードローンしました。
その額30万円。

理由ですか。

話せば長いのですがーーお付き合いくださいね。

当時、僕は学生時代から付き合っていた彼女と別れたばかりだったんですがね、それをずっと引きずっていたのです。

そんな矢先に、大学時代の共通の知人がする結婚式があり、恰好つけたくなったんですね。
それで良いスーツ、良い靴、良い鞄などアイテム一式を買いました。

成功している自分を見て、後悔してもらおうという本当に浅はかな理由でした。

え?

それに借金かよって、違います。

これは自費で買いました。
でも、半年間に社会人として貯めたお金や学生時代から切り替えてないカード限度額を全部費やしました。

つまり余裕なしまでして挑んだわけです(結果は聞かないでーー)。

そんなときに、3つの不幸が訪れます。

次月、付き合い関係、親戚関係の不幸での葬式参加と、もう一件、高校時代の友人の結婚式とイベントが続いて出費が多かったことが一点。
もう一点が、結局元カノとはより戻せなかったけれど、新しい彼女ができ、計ったかのように誕生日があったことが一点。

年上だったのよ。
贅沢な女だったのよ(笑)。

最後が、一番大変で、車で事故った修理費ってのが一点。
保険の等級を気にしたという。。。

それでね、もう、とりあえず、30万くらい借りて、えいやーって払って、その後コツコツ返そうって思ったのです。
それで、UFJという大手なら、怖くなさそうだし、とカードローンしましたっと。
これが理由。

でもねーー。

まだ、このカードローンとお世話になっているんだよね、これが。

はいはい、確かに僕は真面目な職業と言われる公務員だったよ。
難しいと言われる筆記試験のためコツコツできる奴です。

借金もコツコツ返してましたよ、、、。

でもねー、残り10万くらいかなって時に、ライフイベントがいろいろ起きるわけよ。

例えば、借りて1年ほどたって、10万くらいかなってなるときに、車がいよいよ壊れて買い替える。
その時、ちょっと手持ち足りないから、カードローン様からまた20万ほど借金して買っちゃう。

はい30万円からリスタート、みたいなね。

それから、皆で社員旅行(←あ、月額がいい違う会社に転職したんです)でラスベガスってなったんで、カジノやるじゃないですかー。

その時、ドルって、危険ですよね。1ドルって響きが1円って響きに似てるじゃないですか。
それで、擦ってしまし、今後の生活にまた20万くらい足りなーい、みたいなね。

だから、僕、考えを改めたんです。
28歳のときに。コツコツじゃだめなんだと。

一気に返す意気込みが必要なんだと。
それで、冬のボーナスを一括返済に充てよう!
っと決意したんです。

あの時は、何故か神社にいって、お祈りまでしましたからね。
よし、大人買いならぬ、大人返しだって。

ちゃんと完済しましたよ、有言実行ですよ。
苦節7年、何とか返したと。そう、返したんです。

でもね、2週間後位に電話がかかってきまして。
UFJのカードローンの担当者から。

「いつもご利用ありがとうございます。」と、ふむふむ。

「利用実績から当行では信頼できるお客様だ」と、いやいや照れる、なにせ完済者だからね!

「ついては、貸し出し可能額を増額します」と、ン?
いやいやもう借りる予定はないよ、と僕は伝えましたよ。

でも、「いえ、またご利用の際の話デス。あくまで」と、ン?
まぁいいよ、はいはい。
それで?

「まず、100万まで貸し出し可能です」、まぁね。
信頼の証ですな。

「はい、また、金利もですね下げますので、、、」、こりゃあ返すのが楽だねーー。
やったーーー♪

いやいやいや。
もちろん、この電話の話ですぐラッキーと思って買ったわけじゃないんですよ。

ただね、その言葉が脳裏にこびりついてるんですわっ。
いざというとき、ここを頼ってもいいなぁとね。

頼るつもりないけど、いざというときね。
いざというトキ、、、。

そして2年後、いざという時が来てしまいした。

僕の結婚です。
パチパチパチ…。

式します。
金が要ります。

新婚旅行行きます。
金が要ります。。

新居には新しい最新の家具を多く入れたいのと、愛する人が言います。
金が要ります。。。

お住まいは共働きを考え、交通の便がいいところにしたいのと、愛する妻がいうわけですよ。
家賃高ーっ、駐車場代高ーっ。

小遣い制になる前に払わせるつもりだな。
俺の隠し財産を減らす戦術か。
でも、無理って言えない。

そのころ、僕は出世もさせていただきました。
部下には、たまに息抜きを奢らないといけません。
そんなお金も要ります。

あ、そういえば困った時、いざという時に、あったなぁ。
確か100万まで大丈夫なんだっけ(苦笑)。

よし、じゃあ手始めに、50万くらい借りて、今後の部下指導や、妻を喜ばせる新婚アイテム揃えるのに使うかーーー。

この借金を小遣い制で妻にばれない様、一生懸命コツコツ返しています。
月5000円ずつ。

まだ、終わりません。。。

皆さん、そう借金ってゾンビですよね。
生き返るの、甘い精神につけこんで。

だから、オペレーターさん、「金利下げるって言わないで」。

借金整理の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

 ナムルさんの借金返済ブログ!自己破産して弁護士選びが大切だと痛感した

自己破産弁護士
この借金返済ブログを書いた人 ペンネーム:ナムル

東日本大震災を機に勤務先の会社が倒産し、しばらくは派遣社員として働いていました。
しかし、生活基盤が一度壊れた状態では手取り月収が半減した結果として、債務整理に着手しなければならない状況に追い込まれます。
最初の弁護士選びに失敗したことで、大変な思いをする人がこれ以上出ないことを望みます。

あなたは、収入が極端に減少した経験はありますでしょうか?

わたしはあります。

いろいろな事情で働けない期間が発生すると、家計は狂い始めます。

最初は生活費を補填する意味合いで借りたカードローン契約。
いつしか複数に膨れ上がり生活が成り立たないほどになります。

収入が激減するとどうなっていくのでしようか?
このブログで、解決策などお伝えできればと思います。

ある日突然届いた裁判所からの支払督促

正社員として働いていた時には、営業職でした。
歩合給の割合が高くクレジットカードを頻繁に使用していました。

しかし・・・
東日本大震災により会社が倒産。

そう、失業状態です。

470万円あった収入が一気にゼロとなったわけです。

仕事を探しました。
しかし、前の収入ほどの仕事は見つません。

派遣社員として年収240万円の仕事が見つかりました。

が、どうするべきか・・・

考えた結果、半分の収入に落ちてでもその会社を選ぶことにしたのです。
家族を支えるためには、しかたがない選択だと考えたのです。

当然、毎月の家計が赤字状態に陥ります。

何とか4年耐えました。
しかし、正社員としての再就職はおろか、派遣先が変更になる時に待機期間が発生して収入が不安定な状態のまま。

みずほ銀行カードローンの支払いが2ヶ月滞りました。
ある日、突然保証会社のオリエントコーポレーションから代位弁済が行われました。

裁判所から代位弁済に伴う支払督促として100万円の一括返済を求める通知が届いたのです。
頭の中はパニック状態。

ああ・・・
どうすべきか・・・

〇総合法律事務所に相談

裁判所からの支払督促をどのように処理すれば良いのか分からりません。

そこで、債務整理をしなければならないと考えました。

すぐに複数の債務整理に強いと思われる弁護士事務所を探しました。
費用が安く自宅から近い所に支店がある〇総合法律事務所へ相談予約。
そしてすぐに向かったわけです。

2名の弁護士が対応してくれましたが、状況から自己破産が望ましいという判断となりました。
その場で受任させてもらえれば、支払督促についても処理出来るという話だったので、すぐに契約になりました。
自己破産費用として25万円を弁護士費用として納める必要があり、5万円を5回払いとすることにしました。

自己破産の弁護士費用は分割払いに対応してもらえる

自己破産の弁護士費用はいくらなんでしょうか?

え!30万円前後も・・・

一瞬、高い!と思いましたが、
今まで毎月10万円以上返済していたことを考えると分割払いなら可能です。

一括払いしか認めてくれない弁護士事務所もありますが、その際には法テラス経由で申込みすれば法律扶助制度による立て替え払いを分割返済すれば良いです。

個人再生にしようかと最初は思いましたが、費用が50万円以上掛かることと資産を何も持っていなかったので自己破産が良いと判断するに至りました。

弁護士が突然辞任して再度自己破産手続きを行うために弁護士を探す

弁護士に携帯電話を解約されてしまいました。
携帯電話の端末割賦払い(分割払い)があったからです。

当然、電話連絡が難しい状態に陥ります。

格安SIMが本格普及する前だったために、携帯電話を確保する手段が思いつきません。

そこでとった連絡手段は、郵便。

しかし、手紙の誤配送があったことで、いつの間にか弁護士が突然辞任通知してきました。

え?
驚きました。

抗議しました。

しかし、弁護士は聞く耳をもたない状態です。

わたしは、弁護士費用だけ支払って自己破産申立ては行われないという悲惨な状態に陥ります。

弁護士の辞任が年末という時期のため、慌てて次の弁護士を探さなければなりません。

東京みずき法律事務所で今度こそ自己破産申し立てを行う

今度こそしっかりした弁護士に自依頼をしようと探しました。

そこで見つけたのが、東京みずき法律事務所でした。

2名の弁護士が対応する点は変わらないものの、電話連絡が難しい状況からメールでの連絡も可能という嬉しい対応です。
土曜日であっても事務員がいるため、急ぎの連絡ならば公衆電話からでも受け付けてもらえるという安心感があります。

〇総合法律事務所では平日限定でメール対応不可だったことを考えれば大きな違いです。

弁護士費用は着手金と成功報酬を合わせて40万円ほど掛かりますが、話が通じる弁護士だったので安心して任せることが出来ました。

集めなければならない証明書類一式を集める前に、陳述書作成の前段階として調査書と家計簿を作成します。

過払い金で弁護士費用をまかなえると判明!!!

債権者一覧表を作成する過程で判明したことがあります。

それは、過払い金。
アプラスに過払い金が発生していることが判明したのです。

ありがたや!
ありがたや!
その金額、約30万円!!!

分割払いで弁護士費用をコツコツ払う必要があったものの、過払い金の額が30万円近くと多かったです。

過払い金請求訴訟を先に提起して支払いを受け、弁護士費用に充当できることが分かったののです。

ええええええええええええええぇぇえ!

じゃあ、そもそも弁護士費用を〇総合法律事務所でも払う必要がなかったの?

と、事実を知り愕然。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

弁護士になってから年数が浅い人が担当すると、雑な取扱をされてしまうことがあると知りました。(;へ:)

弁護士にもピンキリだと知った瞬間です。

東京みずき法律事務所では、年度変わりに弁護士の移動があり担当が変わりましたが、スムーズに手続きが進みました。

免責決定通知を受け取った時に涙が出た

自己破産申立てを行い、破産同時廃止手続きが行われてすぐに破産免責審尋日について弁護士から最短日で良いかという連絡が入ります。

状況が変わらないうちに済ませたかったので、最短日でお願いすると集団審尋と呼ばれる裁判所に弁護士とペアで訪れることになりました。

他にも弁護士とペアで指定の部屋に入り、名前を確認されて裁判官から軽い説教まじりのお言葉があり終了です。

あまりにあっけない集団審尋だったので、破産免責決定通知が弁護士事務所に届いたら転送する旨の説明を受けて帰宅しました。
1ヶ月ほど経過してから自宅に免責決定通知書が弁護士事務所から届いた時には、中身を確認して思わず涙が出たことを今でも覚えています。

スマートフォンの割賦払いが残っている場合には、債務としての届け出をすることで携帯電話は強制解約となります。

しかし、格安SIMを別途契約すれば現在は電話番号を持てるので、これから自己破産を申し立てるならば格安SIMで携帯電話番号確保すると良いです。

借金整理の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

さちこさんの借金返済ブログ!2000万の借金で親と共に苦しんだ日々

呉服店の娘のブログ
この借金返済ブログを書いた人 ペンネーム:さちこ

地方の小さな町で100年続く老舗呉服店の長女。
昭和45年生まれ。
現在は結婚して他所で夫・ペットの猫たちと暮らしている。
不自由なく育った後、どん底に突き落とされる経験を今も忘れることができない。

格差社会という言葉を聞くようになって随分経ちます。

どう使ったらいいか分からないほどお金を持つ富裕層が年々増加する一方、貯蓄もなく日々の生活費にも事欠き、借金を背負って苦しみ、毎年借金苦での自殺も減りません。

そんな状況を新聞やテレビはあまり伝えないことに疑問を持っているパート主婦のブログです。

わたしの生家と生い立ち

生まれたのは創業100年を超える老舗の呉服店。

昭和初期までは羽振りも良く客足の途絶えることのない繁盛ぶりだったと祖父母に聞いて育ちました。

3世代同居も当たり前で核家族も珍しかった時代。
この時代は、経済的にもつましく暮らしていれば生きていけました。

それぞれが働き収入を得て、定年になれば退職して年金生活。
そして孫の世話をして年を取っていた時代です。

物心ついた頃、まだ大型店もありませんでした。
イベントには着物を着る時代だったのでのんびりした、不自由のない時代を過ごしました。

先の事など考えなくても世の中は今までと同じように続く、多くの国民がそんな風に感じて暮らしていたように記憶しています。

もちろん私も何一つ将来に不安など持たずにぬくぬくと生活しすくすくと成長していきました。

何不自由なく育ったわたし

友達と比べてうちは少しお金があるのかな?

そんな風に思って育った私。

ですが、大きくなるにつれて世の中にはずっとお金が沢山ある人がたくさんいるんだ!
と分かるようになりました。

家屋敷は古いけど広い。
小さな家に遊びに行く度に小さいなぁと思ったものです。

これが、大人になって思えば借金を抱える要素がたくさんあったんだと分かります。
習い事を3つもして夏休みには海水浴に行って冬はスキー。

のほほんと成長した子供時代でした。

人生初の挫折

ピアノを弾いたり体育部で運動をしたり、学校行事でリーダーになったり。
わたしは、高校生まで挫折のない人生だったかもしれません。

高校を出たように簡単に大学も出るものだと思っていたのですから、なんて甘いぬるい人生だったのでしょうね。

今思えば、子供のころ、「大きくなったら先生になりたい!」「私はお医者さんになってお母さんたちをお金持ちにしてあげたい」と友達が話すのを聞いても私はなにも出て来なかったのです。

働く、という観念や感覚がまったく欠如していたんですね。
早くからそういうものがあれば思春期のころには将来の職業なんか浮かんでいたろうに、と思います。

そういう感じでしたから、大学を出て何になるのかと聞かれても何一つ浮かんで来ませんでした。
漫然とそうなるものだとしか思えなかったのです。

勉強不足で最初の年は見事不合格に。
なのにあっけらかんと、「私は予備校に進学(!)するの」と言ってたほど世間離れしていたかもしれませんね。

がらがらと転落するかのように

他県の予備校に下宿生活で通ってみて初めて家からでました。

その頃からです、生きていくにはお金が要るんだという赤ん坊以外は分かることを実感できるようになったのって。

でも,毎月の仕送りや授業料その他が親たちにとって負担になって来ていたこともまだ考えられませんでした。

たまの休みに実家に帰る度に、何だかお客さんが昔みたいに商店街にいなくなったみたい、と感じ始めました。

ちょうどその頃から、地方にも大型店舗の出店が相次ぎ、零細企業の経営が厳しくなり、倒産する企業が出てきた時期だったと思います。

華やかなバブル社会と裏腹に、富の分散、格差がどんどんと広がって行った時代なのでしょう。
生家もご多聞にもれず、従業員は辞めていなくなり大変になっていました。

大学合格したけど中退

予備校でストイックに勉強に取り組んだお蔭で東京の有名私大に合格!

しかし、合格したものの、うれしさはありませんでした。
それよりも大学生活の不安ばかりが大きかったのを覚えています。

親たちは仕送りが大変だろうし、勉強するにはアルバイトばかりしていたら卒業できないだろうし、華やかな大都会で女子大生ライフを送りたい気持ちも大きかったですし。

そんな不安が的中したのです。

ほどなくして私は精神的に大学に通うことが無理になりました。
人生最大の挫折。

結果、実家に連れ戻されました。

そして家業を手伝うという予想外の人生になったのです。

その頃には、店の借金はかなりあったようです。
毎日毎日銀行から「当座預金に15万円回って来ていますので宜しくお願いします」と、言葉は丁寧でも借金取りの電話が来るようになっていました。

数年経つと、経営はますます厳しくなりました。

公共料金や年金積立の滞納、古くなって故障が続いても車の修理代も半年も払えなかったり、と私にもはっきりと親の窮状が分かるようになっていました。

どんなにか辛い気持ちで働き続けていたかと、今思い出しても涙が出そうになります。

パートに出る

その状態などまだまだ極限状況なんかではない。
と言わんばかりに経営状態は悪化の一途をたどりました。

そして私はパートに出ることに。

でも田舎では給料も安く、家の足しになどならない収入でした。

自分の将来もとても不安で恐ろしく悪夢にうなされる夜が続きました。

結婚、そして父の死

そんなある日、知人から紹介したい人がいるから会ってみないか、と言われ出会ったのが今の主人です。

その人と人生を共にしたいという気持ちより、自分が生きのびるにはこの選択肢しかない、というそんな気持ちでたった数か月で結婚を決めました。

もちろん結婚式も結納もなにもできませんでした。

喜んでくれた親でしたが、結婚してわずか3年後にずっと続いた過労と借金のストレスで大病を患ってしまいました。
ある日「入院するからひと月くらいでいいから看病して」と言われ、実家に帰ってわずか1週間で父親は亡くなってしまいました。

私は自分を責めました。
私がいなくなって借金を抱えて苦しんでいたのに私は新婚気分になってすっかり親たちといた大変な時期を忘れてしまっていたと。

借金2,000万円を返済

その後、幸いに家屋敷を不動産会社に買ってもらうことができ借金2000万円は遺された母や私は背負わずに済みました。

もし売れなかったら・・・。

そう思うと借金返済に今苦しんでいる方が他人事には思えないのです。

 借金返済ブログのまとめ あなたの借金は、法律の力で減らせるかも

借金返済を解決する弁護士

借金返済ブログをごらんになっていかがでしたか。

お金を借りて苦しんでいる人は、たくさんおられます。
決してあなた一人ではありません。

借金返済をしている人の中には、
借金返済に苦しみ命を絶ってしまう人や餓死してしまう人もいます。

お金はただの紙切れ。
紙切れのために、かけがえのない命を絶ってしまう必要はあるのでしょうか?

そう、命の方が大切です。
お金は作れますが、あなたの命は1つだけ。
必ず、借金返済地獄からは抜け出せる道があります。

抜け出せる道?
そんなのあるわけない。
そう思ったら、その時点で終わりです。

命を絶ってしまったり餓死してしまう人の共通点は、あきらめるのが早い人ではないでしょうか。

さて、あなたの借金は、
本当に法律の力で減らすことはできないのでしょうか?

この答えを調べることができるツールをご紹介しておきます。
匿名で使えます。
このツールで、あなたの借金は解決に向かって一歩前進です!

↓ ただいま無料診断 受付中!