債務整理後でもクレジットカードを作る方法!クレカの裏技

債務整理後でもクレジットカードを作る コラム

あたたの心配や疑問を言い当てましょう。

・債務整理をしたらクレジットカード使えなくなるのか?
・クレジットカードがなければ、ネットサービスが利用できなくなり、困るのでは?
・ネット以外でもクレジットカードが使えなくなると困ることがあるのでは?

いかかでしょうか?

このような点について心配や疑問を感じているのではないでしょうか。

もしそうなら以下をお読み頂けると解決します!

クレカが使えない生活をどう乗り切ればよいのか?
今回は、その方法をアドバイスしたいと思います。

アドバイスの中には債務整理後もクレジットカードを使える方法もありますよ!

時間が経てばクレジットカードが発行できる!

そもそも、なぜ債務整理を行うとクレジットカードが使えなくなるのでしょうか?

そう、審査に通らなくなるからですね。

クレジットカードを発行する審査では、個人信用情報機関に信用情報を問い合わせします。
債務整理をすると全ての情報機関でいわゆるブラックリストに乗せられてしまうので、審査に通らなくなるのです。

ブラックリストの期間はJICC(日本信用情報機構)なら5年間、KSC(全国銀行個人信用情報センター)では10年間です。
JICCは通常のクレジットカード会社が利用する情報機関で、KSCは銀行系クレジットカードが利用していいます。

つまり最短でも5年間はクレジットカードが発行できないんですよね。
そして、この期間が過ぎれば必ず発行できるわけでもありません。

ブラックリストが解除されると、今度は信用情報が白紙の状態になります。
白紙状態は、クレジットカードやローンを一度も利用したことがないということなので、信用がなくなり審査に通りにくい状態は続くのです。

それでもブラックリスト状態が終了すれば、審査に通るカードもありますのでとりあえずは時間が過ぎるのを待つしかないですね。
しかし、この期間をどう乗り越えるかが問題なので、これでは解決になりませんね!

次のアドバイスからが、その期間を乗り切る方法になります。

持っていたカードを使おう!

債務整理をすると全てのクレジットカードが使用不可能になるイメージを持っていませんか?

実は債務整理の対象外のカードは使い続けることができます。
債務整理の対象にならないカードとは、未使用か、もしくは債務残高がないカードです。

しかし、この方法にも欠点があります。
それはクレジットカードの更新ができなくなることです。

クレジットカードの有効期限は5年が一般的です。
運良く更新したばかりのカードがあれば長く使い続けることができますね。

もしくは、債務整理前に新しいカードを作ってしま方法です。
しかし、債務整理するほど状況が悪いのであれば、なかなか審査に通らないので難しいと思われます。

ダメ元で審査が甘いと言われている楽天カードなどに申し込んでみるぐらいでしょうか。
まだ債務整理をする前なら検討してみてください!

家族カードを使わせてもらう

家族カードと言っても、家族名義のクレジットカードを勝手に使うわけではないですよ!

家族カードとは、クレジットカードを契約している人の家族が発行してもらえるクレジットカードのことです。
審査は契約者本人のみなので、主婦や学生でもカードが作れると人気があります。

この家族カードであれば任意整理した後でも発行できますね。
家族カードの条件は主に3つほどあります。

1.家族の同意が必要
2.同一世帯
3.親子夫婦のみ

条件3はないカード会社もありますので、兄弟でも家族カードが作れる場合もありますよ。
条件は全て家族の協力があれば達成できますので、まずはカードを発行できる家族の方に相談してみてください。

代わりにデビットカードを発行する

デビットカードとは、クレジットカードに一見似ているのですが実は全く違います。

デビットカードは、金融機関を通さずに銀行口座から直接使用額が引き落とされるカードなのです。
利点は、なんといっても審査がないことですね。

ですので債務整理後でも作ることができます。
クレジットカードのように分割やリボ払いは使えませんが、これも無駄遣いせずにすみますので利点ですよ!

欠点は、クレジットカードが使える全ての場所でデビットカードが使えるわけではないことです。
残念ながら使えない場所もあるんですよね。

ただし、どんどん普及している状況ですので使えない場所はなくなっていくと思われます。
個人的には、デビットカードが一番気軽でおすすめですね!

まとめ

他にも電子マネーや仮想通貨などを使う方法もあります。

しかし、それらのチャージにもクレジットカードが必要だったりしますので、やはりクレカなしの生活はもの凄く不便ですよね。
これから先キャッシュレス化がどんどん進んでいきますので、より一層とクレジットカードが必要になります。

紹介した方法で債務整理後のクレカなし生活を乗り切ってください!