コラム

ギャンブルで作った借金でも自己破産等、債務整理はできる?

ギャンブルで作った借金

ギャンブルで作った借金が返せなくなった。

自分には関係ないと思っていても、誰でもこんな状況に陥る可能性はあります。

そうなったとき、合法的に借金から逃れるためにはどうしたらいいのでしょうか。

債務整理とギャンブル

ギャンブルで作った借金も、債務整理により免除、または減額してもらうことは可能です。

以下、ギャンブルで作った借金でも自己破産等の債務整理ができる理由を見ていきましょう。

自己破産や任意整理など種類は複数ありますが、債務整理とは、支払えなくなった借金を免除または減額してもらうことをいいます。

以下、中心に取り上げる自己破産は、裁判所の決定に基づき債務を免除する制度です。
もう一度やり直す機会を与えようという政策に基づくものです。

そのような制度があるなら、ギャンブルで作ったものであっても債務を免除してもらえばいいのではないでしょうか。
ですが破産法にも、免責許可決定の例外事項が定められています。

252条の第4号には、このような一文があります。

<浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと>

つまり、これに該当するなら破産は認められないと法律が言っているわけです。
少々知識がある人であればなおさら、ギャンブルで作った借金をなしにすることはできないと、理解できます。

賭博つまりギャンブルなどと並び、「浪費」という項目もありますから、ショッピング依存症になってしまい借金をふくらませた場合も、免責不許可の事由に該当するわけです。

実際のところはどうかといいますと、自己破産による免責を決定する各地方裁判所においては、ギャンブルで作った借金であってもなるべく免責を認める運用を取っています。

非ギャンブルでの借金とまったく同じ扱いをしてくれるわけではありません。
ギャンブルで作った借金でも少額の場合はほとんど問題となりませんが、多額の場合は破産管財人への誠実な協力を求められることもありますし、破産手続上「審尋」という聴き取りがおこなわれることも多くなります。

それでも法律上、「裁量免責」といって裁判官の判断による免責決定は認められています。
これを適用されることが多いようです。

ギャンブルでの借金を免除してもらえるのはなぜなのか

ギャンブルで作った借金でもゼロに

「ギャンブルで作った借金でも、ゼロにできる」と聞き、「好きなだけ遊んでおいて、負けたら借金して、それでもダメだったら自己破産すればいい」と考える人もいるかもしれません。

真面目に働いている人たちからすると、許せない考え方だと思うのではないでしょうか。
もちろん先の、破産法の条文はそうした市民感情を表しているものです。

そもそもどうしてギャンブルで多額の借金を作ってしまうのでしょうか?

それは、勝ったときの快感が忘れられず、負けたときもさらに勝負に出てしまうからです。
これは普通の状況ではありません。
正常な判断力がなくなっているのです。

買い物依存症と同じく、ギャンブル依存症が原因の場合もあります。
それならば治療が必要です。

日本は、競馬・競輪等の公営ギャンブル以外は認められていない国なのに関わらず、パチンコをはじめ、ギャンブルに事欠かない国です。
ギャンブルのできる環境があることで、必然的に負け組が出てきます。

そうしますと社会としては、病気や正常な判断がなくなっていることで借金を作った人であっても、ある程度保護しなければいけないと考えられます。
ギャンブル中毒者に対して、堂々と自己破産しましょうとまでのお勧めはできないとしても、そのような社会背景は知っておいてもいいでしょう。

自己破産ができたその後

無事、多額の借金を整理できたとします。
この後はどうなるでしょうか。

自己破産をしても、意外と生活は平穏です。
借金取りに追われる心配がないのは当然として、それ以外の制限もほとんどありません。

就労制限が一部あるくらいです。
多くの士業を別にしますと、警備業に就けないくらいです。

ただ、この期間は自己破産の申し立てをしてから免責決定まで間だけで、6か月間もありません。
普通の会社員であれば、勤務先に自己破産を知られる機会も非常に少ないです。

ですが、この間にしなければならないことがあります。
ギャンブルと縁を切ることです。

アルコール依存法や薬物中毒と同様、過度な依存をするのは立派な病気なのですから、真剣に止める方法を考えなければなりませんし、治療も受けなくてはなりません。
幸いと言いますか、自己破産から少なくとも5年は、お金を貸してくれる金融機関はありません。

銀行は10年は貸してくれません。自己破産の記録は個人信用情報に登録され、しばらく消えないからです。
闇金なら貸してくれるでしょうが、もちろんそんなところから借りては水の泡です。

まとめ

ギャンブルで作った借金でも自己破産はできるということについて述べました。
ギャンブル依存症から立ち直れるのでしたら、自己破産という方法も使って悪いものではないでしょう。

→ 借金整理の無料相談ができる弁護士&司法書士!