コラム

闇金と消費者金融との違いって何?利用者視点で詳しく解説

闇金と消費者金融との違い

あなたは闇金と消費者金融の違い、と言われてすぐに説明できるでしょうか。

もしかするとこの2つを同種の同じものだと思っている方もいるかもしれません。
しかしこの2種には、かなり大きな違いがあります。

闇金業の中には明るい雰囲気で一般の消費者金融と同じ様な雰囲気で店を構えている場合もあります。
もしも借りてしまった場合には、ありとあらゆる手を使って取り立てを行ってきます。

今回は闇金と消費者金融の違い、そして万が一闇金でお金を借りてしまった場合の解決策も紹介していきます。
金利地獄に陥らないためにもぜひ一度目を通しておいてください。

闇金は何が怖い?その特徴とは

だれにでもお金を貸すのが闇金です。

ブラックリストに乗っていようが消費者金融で断られるような人にでもお金を貸します。

ただし一度借りてしまうと法外な金利がつきます。
そして返済しなければ、とんでもない方法で返済を要求してくるというのも闇金によく見られるポイントです。

消費者金融の場合には貸金業法という法律によって、過度な取り立ては禁止されています。

しかし闇金の場合は正規の金融業者ではないためにこの法律は通用しません。
直接押しかけたり、1日に何度も催促の電話を掛けたりするなど精神的にダメージを与える方法で請求してくる闇金業者が多くいます。

もしお金を借りる際には闇金は避けるようにしていきましょう。

特に注意したいのが多重債務者です。
消費者金融で借りられないからといって闇金に手を出してしまうのはとても危険な行為です。

闇金と消費者金融の違いを知って、必ず避けるようにしてください。

闇金を見分けるためには金利を必ずチェックすること

闇金を見分けるためには金利を

お金を借りる際にまず最初に絶対行うべきこと、それが金利の確認です。

これは闇金以外で借りる場合でも絶対に行いたいことですね。
闇金と消費者金融の違いの1つにこの金利があります。

金利についても法律で上限が決められています。
金額によって変わりますが、消費者金融が設定していい金利上限は20%までと制定されているのです。

もしこれを超えている場合、それは法律を守っていない闇金の可能性があります。

その逆で金利が極端に低い場合にも注意が必要です。

その金利に釣られて一度でもお金を借りてしまうと闇金の思う壺です。
平均的な相場を調べてみるというのも見分けるために効果的な対策方法になっています。

ホームページなどで会社情報を必ず確認する

闇金の中には一般の消費者金融を装ってお金を借りさせようとするものもあります。

引っかからないためには、真面目そうな雰囲気であってもまず会社情報を確認することです。
住所や電話番号はしっかりあるのかを確認してみましょう。

もし住所がなく、携帯電話の番号だけが記載されている場合は注意をしたほうがいいでしょう。

その他にもう1つ目を通しておきたいのが、国からの認可を受けているかどうかです。
もし正規の消費者金融である場合には日本貸金業協会員という文字とともに登録番号が記載されています。

もし広告やホームページにこの文字が見当たらない場合には闇金の可能性があります。

さらに見分ける方法として金融庁には実は日本国内で運営している貸金業者一覧というページがあります。
金融機関情報というページから確認できるのでそちらを見てみるのもいいでしょう。

金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」
https://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

引っかからないためには大手の消費者金融を選ぶというのも立派な対策方法です。

ただし大手に見せかけた偽の広告なども存在しているので上記の方法で確認して対策していきましょう。

もしも闇金でお金を借りてしまった場合に行いたいこと

もしも闇金でお金を借りてしまった

もしも知らずに闇金から借金をしてしまった場合には、返済をしようとするのではなく、警察や弁護士に相談しましょう。

少額だから返済すれば大丈夫と思っていても、難癖を付けられたり、他の闇金業者からの過度な勧誘が続いたりなど苦労をする人がたくさんいます。
闇金の場合はなんとしてでも完済させないように様々な手を使ってきます。

法律の専門家に任せることによって相手の違法な部分を付いて返済額の交渉を行ってくれます。

ただし、債務整理を得意としている弁護士や司法書士に相談しても、闇金には対応していないことが多いです。
また、対応していても、闇金にそれほど精通しておらず、逆にトラブルになることも実際にあります。

では、だれに相談すべきなのでしょうか?

お答えします。
それは、闇金に力を入れている弁護士や司法書士です。
闇金の相談を片手間でやっている弁護士や司法書士ではダメです。
闇金の相談を専門的に行っている弁護士や司法書士に相談することがスムーズに解決する秘訣です。

もし誰かに相談する時にはいつどれだけ借りたのかなど情報をまとめておくとスムーズに相手に伝えることができます。

取り立てを無視するのではなく、誰かを頼るということを忘れないでください。

ただし一番いいのは闇金からお金を借りないということです。
闇金と消費者金融の違いをはっきり知って、そして見分け方も駆使して正規の方法でお金を借りるようにしていきましょう。

まとめ

闇金と消費者金融の違いを紹介しました。

どれも冷静な時には行える簡単な方法たちです。
ただし闇金に手を出してしまうような時は落ち着いていない、切羽詰まった状況な時もあるでしょう。

お金を借りるという行為について一度落ち着いて考えるということも大切です。
たとえ他にアテがないとしても闇金から借りるようなことだけはやめておきましょう。

闇金と消費者金融は全く違います。
借りる場合はしっかりと調べて信用できる業者を選べるようにしてください。