借金返済に悩んだら弁護士に相談すべきか?

借金返済に悩んだら弁護士に コラム

借金がもう支払えなくて行き詰まった…
そう感じている人は少なくないでしょう。

家族がいれば尚更でしょう。
そんな人たちのために弁護士による任意整理をご紹介します。

家族にバレないか…
会社にはバレないのか…

そういった心配もあると思いますが大丈夫です。
ぜひ最後までご覧ください。

借金で悩んだら考えるべきこと

借金問題を解決する一番の近道は、ズバリ「弁護士さんに相談すること」です。

この記事に辿り着いたあなたは、もう「大丈夫」です。
ある方法を使えば誰にもバレずに人生を再スタートできます。

その理由や方法は後ほど詳しく紹介していきます。
とはいうものの弁護士費用は高いのではないか?という不安はありますよね。

更には弁護士に依頼することにより、何が起こるのかも不安で踏み切れない…など。
そんな気持ちを抱えながら借金に苦しむ人は世の中に星の数ほどいます。
その中のほとんどの人は「借金なんて他人ごと」だと思って生活してきた人たちです。

借金は恐ろしいもので、僅かな気の緩みが自身を火の車に追い込みます。
世間でいう「借金で首が回らない状態」といった状態ですね。

単身なら自分のことだけを考えればいいでしょう。
しかし、妻や子供がいて将来のことを考えれば不安で仕方がなくなります。

毎月なんとか利息分だけは払ってる。
でも元金は全然減らない… そんなのはもう辛すぎますよね。
中には、借金を解決する方法を知らないという人もいるでしょう。

または借金を早く解決する方法を知っているが、その後の生活が心配だという人もいますね。

その不安を解消するために、最後まで是非ご覧ください。
今ならまだ間に合いますよ。

借金の催促と主な解決方法

借金の催促と主な解決方法

借金をする理由は人により様々です。

主にカードローンやクレジットカードが原因で借金が膨れ上がるケースがほとんど。
返済するために他から借金をして…を繰り返して気づけば凄い額になってるのは良くある話です。
しかし、それも必ず限界がきます。

遂には返せない状態のまま連絡もせず、ひたすら無視する人がいますが、それはNGです。

なぜなら本人に取り立ての連絡がつかなくなると自宅まで直接来るケースがあります。

携帯電話に出てもらえないと、今度は勤務先にもジャンジャン電話がくるようになります。

それだけではなく、裁判所から訴状が届くことだってあります。
その裁判所からの訴状無視は、最終的に財産や給料の差し押さえに繋がります。

そうならないように、借金問題の解決にはいくつかの方法があります。

まとめローン

皆さんは「まとめローン」という言葉を聞いたことがあると思います。

いくつかの業者から借金がある場合、一つのローンにまとめるという方法です。
でも、それは待って下さい。

借金返済が滞ってから長いこと経過してる場合、恐らくまとめローンの利用はできないでしょう。

というのも、2~3回でも借金の返済が滞納すれば「信用情報機関」に事故情報として記録されます。

世間でいう「ブラックリスト」ですね。
これに当てはまる場合は、まとめローンは諦めなくてはいけません。

人に借りて返済する

「お金を貸して下さい」と人に言うのは本当に勇気がいることです。

両親に心配させたくないから友人に頼む人もいるでしょう。
しかし、数万円単位で借金を重ねても借り入れ額が大きいなら一時的なも作戦にすぎません。

友人に借りた分を定期的に返せないと、友人からの信頼も失うことになるでしょう。
それを繰り返していると、誰もお金を貸してくれなくなります。
それだけではなく連絡すらも取ってくれなくなるでしょう。
これもあまりオススメしない方法です。

弁護士による債務整理

収入と借金額のバランスが大きく崩れてしまうと「滞納」することになります。

これ以上は逆立ちしても返せないという段階なら、債務整理という選択肢があります。
この「債務整理」という言葉を良く理解してない人も多いので説明しますね。
債務整理は借金を減額、あるいは支払い猶予を与えてもらえる手続きです。

それらの総称が「債務整理」なのです。

・自己破産
・任意整理
・個人再生
・過払い金請求

債務整理には、これらの4つの手続きがあり内容も違います。
債務整理を弁護士に依頼することで、取り立ての連絡を直ちに止めることも可能です。
ただし、相手が闇金の場合には手続き後も連絡がくるケースもあります。

自己破産と任意整理の違い

任意整理

債務整理の中で最も周囲にバレにくい方法で、生活においても大きな変化を伴わない手続きです。

また、任意整理は裁判所の手続きを必要としない借金減額法です。
あくまでも、借金の当事者同士で話し合って解決する方法になります。

とはいっても相手側と対応するのは自分ではなく、弁護士や司法書士などの法律のプロです。

任意整理は利息もカットされ、分割で返済可能ですから随分と支払いの負担も軽くなります。
しかし任意整理も良いことばかりではありません。

既に述べた「信用情報機関」での情報保有についてです。
いわゆるブラックリストに載ると任意整理の場合は「5年間」情報が保有されます。

ちなみに、自己破産の場合は「7年~10年」とされています。

自己破産

一方、自己破産はあまりにもデメリットが多すぎます。
しかも、必ずしも借金がゼロになるとは限りません。

自己破産すると以下のような状況になります。
まずは、裁判所を通じて支払い義務を免除してもらう手続きをしなくてはなりません。
そして、正式に自己破産の手続きが始まれば財産等の調査を厳しく行われます。
そのため裁判所の許可なしに居住地を離れることは許されません。

更には自己破産の手続き後は、その後の職業や資格に制限もあります。
最も注意すべきことは「財産」は処分の対象になることです。

全ての財産が対象ではありませんが高額な財産は、ほとんど対象になります。

日常生活に必要なものは処分されませんが、当然「持ち家」は間違いなく手放すことになります。

任意整理ならバレずに生活は今まで通り

任意整理は家族にもバレずに行えますし、通常通りの生活を送れます。

ただし、2つだけ注意しなくてはならないことがあります。
1つ目は法律事務所などからの郵便物です。

普通に生活している中で「法律」という文字を含む書類が自宅に届くことはありません。
そのため、家族から心配されたり怪しまれるのは当然のことです。

しかし、法律事務所により郵便物を郵便局やコンビニ留めにする配慮をしてくれます。

つまり、直接自宅に郵便物が届かないようにしてくれるわけです。

2つ目は既に紹介したことですが、5年間は信用情報が保有されてしまいます。
信用情報に履歴が残ることになりますから、任意整理してから5年間クレジットカード等は作れません。

当然、銀行でのローン関係も組めないです。

任意整理の費用

実は任意整理の費用は弁護士事務所等により様々です。

あくまでも平均的な費用は、1債権者につき4万~5万ほどです。
良心的な所だと1債権者につき2万円程度でやってくれるところもあります。

成功報酬は債務金額の10%が平均的だといわれていますが、とらないところもあります。

弁護士による任意整理で人生再スタート

弁護士費用を心配するあまり、債務整理に踏み切れない人は多いと思います。

でも、手持ちの金額が僅でも債務整理は可能です。
一時的に信頼のできる人から、例えば任意整理費用を借りるという方法もあります。
弁護士事務所によっては費用が大きく変わってくるので、極力安く良心的なところが良いです。

一時的にお金はかかるかもしれませんが、長い目で見れば楽になります。
電話での厳しい取り立てなどで心の病気になる人は数知れずです。

一人で悩まず弁護士に相談して人生の素晴らしい再スタートを切ってください。

最後に1つ注意点。

もし、あなたの借金が闇金の場合なら、闇金対策に精通した法律家に相談するようにしましょう。

闇金対策に不慣れな法律家に相談すると、よけいに話がこじれてしまうことがあるからです。