コラム

任意整理と自己破産の違いとは?メリットデメリットと向いているケース

任意整理と自己破産

お金がなくて資金がまわらないとき、誰でも考えるのが任意整理と自己破産ですよね。

どちらもお金を整理するという意味では同じですが、任意整理と自己破産には大きな違いがあります。

ですが明確に任意整理と自己破産の違いが分かる人はあまりいませんよね。
ぼんやりとしたイメージはあるものの、自分の状況ならどちらがいいか即答できる人はほとんどいません。

しかしどちらを選ぶかによって今後の状況も変わってくるので、しっかり任意整理と自己破産の違いを知っておきましょう。

借金はそのまま放っておいても減りませんから何とかしなければと焦ってきますよね。

まずは2つのメリットデメリットを知って自分に向いているのはどっちか知っていくことが解決の近道となりますよ。

任意整理のメリット

任意整理とは、簡単にいうと借金の整理をすることです。

メリットとしては借金が減る可能がある、ケースによっては借金自体が無くなることもある、取り立ての催促がなくなることがあるといったことが主です。

他にも周囲の人にバレにくい、将来の利息が免除されやすい、家や車を手元に残せるなど、たくさんのメリットがありますね。

人によっては借金額がかなり減りますし、将来の利息が免除されるとその後の支払いもかなり楽になっていきますよね。

任意整理できるかどうかは無料で調べてもらうこともできます。

任意整理のデメリット

ブラックリストに載って

任意整理のデメリットとしては、ブラックリストに載ってしまうことになる、任意整理できない場合もある、ということがあります。

任意整理したことは記録に残ってしまうため、その先5~10年間ほど、借り入れをすることができなくなってしまうのです。

そして任意整理は状況によってはできない場合もあるので、自己破産と比べると借金の減額は少なくなります。

自己破産のメリット

自己破産とは、借金を公的に免除してもらうことです。
そのため最大のメリットとなるのは借金が無くなるということですね。

返済不可能にも近い金額の借金でもゼロにすることができるため、全額なかったことにできます。
借金がゼロになるため一からのスタートができるようになり、生活を立て直すことも可能です。

借金の返済ができないような状況が続いていると精神的にもストレスとなりますからそんなストレスからも解放されることとなります。
取り立てをされることもなくなりますから平和な日常が返ってくることも大きなメリットです。

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットは、所有している財産が没収されてしまう、ブラックリストに載ってしまう、この先の職業などに制限がつくということがあります。

自己破産すると今現在もっている自宅、車、宝石類、高級家電などは没収の対象となります。
基本的には生活に必要なもの以外は没収されてしまうと考えておいた方がいいですし、現金も99万円以上は没収となり、退職金の一部没収などもあります。

他にも官報に破産者として掲載されることになりますし、7~10年間はローンを組むことや借入、クレジットカードを作ることはできません。

職業や資格などの制限もつきますし、連帯保証人がいた場合はその連帯保証人に請求がいくことになります。

任意整理と自己破産の違いと向いているケース

任意整理と自己破産の違いを簡単にいうと「借金の減額金額と制限」です。

任意整理は必ずしも借金が減額されるわけではありませんし、その後の制限はそこまで重たくはありません。

自己破産は借金をゼロにすることができますが、その代わりに大きな制限がつくことになるハイリスクハイリターンだと考えてください。

そのため借金額がそこまで大きくない、資産を多く持ち合わせているならば任意整理の方が向いています。
また連帯保証人がいる場合は、あなたが自己破産をするとその人に全額請求がいくことになります。

その人が返済できないのであれば同じく自己破産してしまうことになるため、人に迷惑をかけたくないなら任意整理をしておいた方がいい良いでしょう。

自己破産は借金が大きくなりすぎてとても返済ができない場合、連帯保証人がついていない場合、処分する財産がない場合などに向いています。
この先、借金を支払うことがほぼ不可能である、職業の制限をされても構わないと考えるなら向いているといえますね。

まとめ

任意整理と自己破産は似ている

任意整理と自己破産は似ているようでも大きな違いがあります。

どちらにするかは現在もっている資産や現金、連帯保証人、この先の収入目途などから考えるようにしてください。

一般的に自己破産は最後の手段ともいわれています。
今後の生活のことを考え、一緒に暮らしてくれる人がいるかどうかなど家族と話し合ってから決めるのがおすすめです。

自己破産すれば借金がなくなるので楽なようにも思えますが、任意整理と自己破産は今後の生活への影響が違います。
安易に選ぶと後で後悔することになるので、メリットとデメリット、自分や家族の状況を考えて選択しましょう。

任意整理と自己破産の違いを極端にいうと、ローリスクローリターンかハイリスクハイリターンともいえます。

→ 借金整理の無料相談ができる弁護士&司法書士!