コラム

自己破産後に手元に残せるものってどんなもの?気になる今後の生活

自己破産後に手元に

どう足掻いても返済は無理・・・。

計画を立てようにも、そもそも収入が少ないしお金自体作れない・・・。

そんな借金地獄に陥った際の最終手段となるのが自己破産です。

借金を唯一ゼロにできる債務整理。
そんな自己破産に、あなたはどんなイメージを持っていますか?

無一文になって家を追い出され、仕事も首になりまともな生活を送ることができず人生が終了してしまう、そんなネガティブなことを考えているかたが多く見られます。

もちろん、今までどおりとはいきません。
差し押さえられてしまうものもたくさんあるのは本当です。

ですが、自己破産をしても手元に残せるものは意外に多いのです。
もしかしたら、あなたが想像しているより大変な暮らしにはならないかもしれません。

自己破産は新たに生活を立て直すための国の救済制度

そもそも自己破産というのは、救済制度です。

そう、借金に追われてまともな生活が送れなくなってしまった人に対し、最悪な選択をさせないための法に則った救済制度です。

ですから、自己破産をしたからといって路頭に迷うことはありません。
生活に必要なものまで全て取り上げられてしまうといったことにはならないのです。

実際に没収されてしまうことになるのは、所持している一部の高額商品だけ。
しかも申立てをした本人が所有しているもののみです。

保証人になっていない限り、家族のものまで取り上げられてしまうことにはなりません。
一定金額以下であれば現金もそれなりに残せます。

こうした自己破産をしても残せるものを自由財産といって、借金を清算して人生を再スタートするのにスッカラカンの状態で放り出されるわけではないので安心してください。

99万円以下の現金は没収されない

99万円以下の現金

まず、自己破産をした後も生活をしていかなければなりませんが、無一文になってしまうわけではなく、預貯金を含まない99万円以下の現金が残せます。

といっても、実際のところは丸々99万円がそのままということにはならず、債務整理を依頼した弁護士への支払いなどでもう少し減ってしまうでしょう。

そもそも自己破産を選択するほど追い詰められている場合、こうした大金を所持していない人も少なくありません。
ですが、当面の生活費としては十分な額をそのままにできるという点を知っておけば、そう悲観することにもならないでしょう。

自己破産を理由に仕事を解雇にはなりません。
わずかでも収入があればすぐに生活を立て直せます。

現代人の暮らしに欠かせない家具や家電もそのままにできる

突然家に管財人が押しかけてくる。
そして、差し押え済みの紙が家具や家電にもペタペタ貼られてしまう。
そんな漫画やドラマの世界を想像しているかたも少なくありません。

ですが、実はこれらは自己破産をした後でも残せるもので、テレビや冷蔵庫やレンジ、洗濯機やタンス、掃除機などは差し押さえること自体禁止されています。

大きさや容量が一定以下であること、2点以上所持していれば1点のみ残せるといった制限はありますが、贅沢品ではなく必需品であれば維持することが可能です。

同様の理由で、仕事などにも活用される携帯電話やパソコンもそのままにできます。
ただ、ローンを組んで分割払いをしている途中の家財に関しては所有権がローン会社にあるため、場合によっては引き上げられることもあるので注意しましょう。

20万円未満の価値と判断された財産

自己破産後に生活必需品として残せるもの以外にも、価値が20万円未満であればある程度の資産は自由財産として判断されます。

たとえば、残念ながら名義が申立人本人のマイホームにはそのまま住み続けることができません。
どれだけ築年数が経っていても、価値が20万円未満にはならないからです。

ですが、自動車ならどうでしょうか。
中古なら10万、20万円で購入できるものもあります。

所持している自動車のローンを完済しており所有権が自身にある、さらに価値が20万円未満なら残せる確率が高いのです。
住んでいる地域によっては、車が暮らしに欠かせないところもありますし、取り上げられれば生活が大いに不便になってしまう場合などはまず取り上げられないでしょう。

車は贅沢品、そんなイメージがありますが、実は自己破産後も残せるもの、自由財産と判断されて乗り続けている人は大勢います。

まとめ

こうして見てみると

こうして見てみると、自己破産をしても残せるものはたくさんあります。

何もかも失って先の見通しが立たなくなるということにはならないことがよくわかります。

ですから、自己破産しか道が残されていない状況になっても悲観することはありません。
もちろん、同じ過ちを繰り返すことがないように、今後の生活を見直していき、無駄遣いをしない、収入を安定させるなどさまざまな対策が必要になります。

しかし、何もかも失った0からのスタートにはなりませんし、反省し、真面目に生きることを心に決めて前向きになれば、十分に人並みの幸せを掴むことができるのです。

どうにもならなくなったら、まずは弁護士に相談をするところから始めましょう。
どうにもならない現状をそのままにするよりも、よほど明るい未来が開けます。

→ 借金整理の無料相談ができる弁護士&司法書士!