借金の利息は「返済計画」「カードローン会社」を見直せば必ず軽減可能!

借金の利息は「返済計画」 コラム

とにかく借金を返すことで手一杯、借金を返すためにお金をどうすればかせげばいいかだけが先立ってしまう、という方は要注意です。

絶対にこれを読むべきでしょう。
なぜなら、借金の利息やカードローンの選択を再確認するだけで、支払うべき金額が大幅に減額できる可能性があるからです。

それでは、それについて詳しくご説明いたします。

利息の仕組みを理解する

利息の仕組みを理解しているつもりでも、意外と借金をした会社や利用したカードローン会社の説明だけ聞いて満足している方が多いです。

しかし、それだけでは手に入れるべき情報は不十分です。
まず、利息の計算の仕方は、「借金金額×金利÷365×借りた日数」です。

ここに設定されている金利は、法律によってその額の度合いが決められていますが、それは大幅な規定でしかないので、その中でもカードローン会社によって金利の差があります。

自分の利用している会社の金利と他社の金利を比較し、本当に今利用しているところで良いか見極めましょう。

金利は低ければ低いほど良いので、もし今利用している会社よりも大幅に低い金利の会社があれば、カードローンの借り換えをすることが最善です。

カードーローンの利用場所を見直す

カードローンにも様々な種類がありますが、中には一定期間無利息で借りられるところもあります。

そのようなサービスが行き届いた会社をインターネット等で探してみると、今置かれている利息状況を好転できる可能性が大きく広がります。
カードローンの借り換えには、新規と同じく審査を受ける必要がありますが、新規のときよりも審査を通貨しにくいという点があります。

ですが、良いカードローン会社を見つけさえすれば、利息の軽減を重視する面においてはかなり有効な手段と言えます。

金融機関や会社の宣伝をよく見極める

どれだけ信頼が置けると核心している借用先でも、カードローン等の会社と契約するときは、本当にそれが信頼して良いものか見極める力が必要になります。

最近では、カードローン等の借金関連の会社は需要が伸び、最近のテレビ番組のCMにもよくカードローン会社の宣伝が流れていますが、それと同時に、そのカードローンを使った詐欺も年々増えているからです。

その詐欺の手法が、既存のカードローン会社を名乗り契約を結ばせた上で多額の金額を徴収する方法です。

これでは、契約者が本社に連絡をとっても本社からは「契約した覚えがない」としか帰ってこないという状況に陥るのです。

ですから、現在契約している会社が本当に信頼できるか再度確認すべきなのです。

利息重視で返済計画を見直す

返済計画は何度でも見直すべきです。
なぜならば、必ずどこかに見落としがあるからです。

以前はその状態の計画で充分と思えても、新しい知識を模索し発見した現在の状態でもう一度計画を見直せば必ず何か修正点が見つかります。

ここで注目すべき点は利息です。利息が増えれば増えるほど、返済したはずの額も半分近くが利息に持っていかれてしまうケースも少なくありません。

利息を最小限に抑えるには、金利の低い会社を優先して返済していくようにすることが重要です。

また、残高の少ない会社も優先事項に加えておくことをおすすめします。
この2点に気をつけて計画を立て直すだけで、利息を大幅に抑えることが可能になります。

弁護士に相談する

一般人が必死で借金の減額方法について調べあげても、限度があります。

調べるにしても、今日のそれらに関する情報には、正誤が混同している場合が少なくありません。

より確実に正確な情報を取得するには、弁護士等の専門家に相談すべきです。
弁護士に相談すれば、現在の借金を軽減する方法を教えていただけますし、利息についてだけでなく過払い金等についても調べてもらえます。

弁護士相談が無料の事務所もありますので、まずは相談に行ってみるべきでしょう。

また、弁護士に相談した場合、利息に関する細かい不明点に関しても的確に答えてもらえますので、文面上の説明だけでは理解できなかった点もくわしく話を聞くことが可能になります。

無料相談ができる弁護士はこちら

自己破産し、利息ごと失くす

どうしても借金返済が滞ってしまう場合、自己破産するという最終手段が残されています。

自己破産さえすれば、払いきれない借金を支払う義務は永久になくなり、利息もまとめて税金を覗く全ての借金が帳消しになります。

しかし、この方法はあくまでも最終手段で、これを決断するにはそのデメリットを把握すべきです。

まず第一に、自己破産すれば現在の財産が、生活に必要と判断されるもの以外没収されてしまいます。

第2に、自己破産から数年は新しく借金をしカードローンを作ったりすることができなくなります。
これらを踏まえた上で、判断をしましょう。

しかし、利息を払うだけで手一杯の状況だという人は、早急に自己破産を考えるべきです。

まとめ

借金を完全に返済するには、気をつけるべき点が複数存在します。

利息の計算、カードローンの選択…挙げだすと、きりがありません。
しかし、それらの解決を手助けする情報も数多く存在しているので、より効率的に有効活用することが重要です。