闇金の取り立て方法とは?会社や周囲の人にもバレるの?闇金の実態を検証

闇金の取り立て方法 闇金からの借金対策

闇金からお金を借りてしまうと後々心配になってきますよね。

どうしようもなくなって借りたものの、後からどんどん疑問が沸いてくるようになります。
会社にバレないか、家族に迷惑がかからないか…
考えれば考えるほど不安な気持ちになってしまいます。

そこで闇金の取り立て方法を中心に、闇金の実態を知っておきましょう。
知っておくと困ったときも対処をしやすくなりますよ。

基本的な闇金の取り立て方法

闇金の基本的な取り立ては電話、自宅への訪問です。

この2つはどの闇金でも基本となる取り立て方法なので、高い確率でおこります。
お金を借りるときは電話番号が必須ですよね。
まずはその伝えている番号に電話をかけてきます。

しかし電話にでない、なかなか支払わないとなると声を荒げ、脅迫めいたことを言われるケースが多くなっています。
暴言を吐かれるようになってくるので恐怖を感じることも多く、電話に出たくなくなるような状況が続きます。

次第に電話の頻度も増え、1日に何度もかかってくる場合も多いです。
それでも支払いに応じなければ、次に自宅に訪問してくるようになります。

自宅にいそうな時間帯を狙い複数人で訪れることも多く、出てこないのであれば張り紙をする、大きな声を出すということもよくあります。

そして電話や訪問でも返済をしない場合であれば更に行動がエスカレートしてくるのも闇金の取り立ての特徴です。
自宅周辺の人に言いふらす、深夜に救急車を勝手に呼ぶなど、明らかに困ることをしてくることが多いです。

返済のアテがないからと電話を無視したり訪問から逃げようとしたりすればするほど、闇金の取り立ては酷くなってくると考えておいた方がいいです。

闇金の取り立ては会社にバレてしまう?

闇金からお金を借りてしまうと会社にバレる可能性が高いです。

期限内、もしくは期限をすぎてもすぐに返済するのであればバレずに終わることもありますが、返済が遅れれば遅れるほどに会社にバレる可能性は高くなります。

というのも、闇金は本人がなかなか返済しないと判断すると会社に電話をしたり、訪問したりすることが多いです。
お金を借りるときは本人の情報はある程度知らせる必要がありますし、そこには在籍している会社のことも知らせるのは一般的ですよね。

本人が電話にでないときは高い確率で会社に電話があり、それでも返済をしないとなると会社に訪問してなんとかあなたに会おうとします。

一般的に会社には借金をバレたくないと考えるのは普通ですよね。
そこを逆手にとって、返済をさせるために会社にわざわざ知らせるようなマネをしてきます。
そのため会社に知られてしまい、会社に居ずらくなって仕方なく退職することになってしまう人も多いのです。

闇金の取り立ては家族や周囲の人にも迷惑がかかる?

闇金から取り立てにあうと家族や周囲の人にもバレます。

そして返済までの時間が経てばたつほど、家族や周囲の人にも迷惑をかけるようになってしまいます。

闇金は取り立てのために自宅にも来ますから、当然同居している家族にもバレますし、迷惑がかかるのです。
早朝であろうと深夜であろうと関係ありませんし、小さな子供がいても配慮してくれません。

本人がダメなら家族や周囲の人に伝言を伝える、催促するということもよくあります。
同居していない家族の住所を知られてしまうと訪問することもありますし、自宅周辺で待ち伏せすることもあるのでどうしても迷惑がかかってしまうことになるのです。

本人が無理であれば、家族に他の金融機関から借金して返すように催促したりすることもあるので注意が必要です。

闇金の取り立てに警察や弁護士は意味がある?

闇金からの取り立てに困ったときにまず考えるのが警察や弁護士です。

しかし実際には「警察や弁護士なら絶対に助けてくれる」わけではありません。
ですが、助けてくれる場合もありますよ。
あまりに酷い取り立て、例えば深夜帯に騒ぐなどすれば警察は対処してくれます。

ですがあくまで「夜中に騒ぐこと」を静止してくれるだけの場合が多く、その後は闇金からの痛がらせが余計に酷くなる場合もあります。
弁護士や司法書士は債務整理を行ってくれますが、相手が闇金だと依頼を受けてくれないことも多いです。

しかし、中には闇金対応を専門的に行ってくれる弁護士などもいるので「闇金相手でも依頼を受けてくれる弁護士を探すこと」が大事です。
弁護士や司法書士にもそれぞれ得意分野があるので、しっかりその道に精通した人に依頼するようにしてください。

まとめ

闇金の取り立ては常識が通じません。

そもそも違法な金利をとっているのが闇金なので、常識の範囲内での対応をお願いするのが無理な話なのです。
闇金の取り立ては電話に始まり、自宅への訪問、会社への電話や訪問というのが一般的です。

その後は同居している家族はもちろん、同居していない家族、近隣住民など、嫌がらせがどんどん悪化していきます。
中には闇金に詳しい弁護士もいますから、そういった人にまずは無料相談してみるといいかもしれません。

ただし警察や弁護士に依頼すると、その後の嫌がらせが悪化することもあるということも頭に入れておいてください。

闇金の無料相談窓口はこちら