多額の借金を抱えた場合どこに債務整理の相談をすればよいか

多額の借金を抱えた場合 コラム

債務整理をしなければならないほどの多額の借金を抱えてしまった場合、多くの人は、いったいどこに相談すればよいのでしょうか?

インターネットで調べても、最初の一歩を踏み出せないと人が多いです。

いったいどのような所へ借金問題や債務整理について相談すれば、実際の債務整理手続きに踏み出すことができるのかを、お伝えしたいと思います。

法テラスに相談する

ギャンブルが原因で多額の借金を抱えてしまい、もはや借金返済は困難だと自覚した場合、まずはどこへ相談すればよいのかわからないと思ってしまうと思います。

そのような方へお勧めできるのが、法テラスです。
法テラスとは、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所です。

インターネットで「法テラス」という文言で検索すると、すぐに表示されます。

そして、法テラスのトップページに電話番号が記載されていますので、こちらに電話をかけて「返済不能な規模の借金を抱えてしまい、債務整理をしたいが、どのような方法があるか」と質問をすると、担当者が自己破産や任意整理などの複数の種類の債務整理について説明をしてくれます。

また、具体的な債務整理手続きについても教えてくれます。
電話料金は有料ですが、相談料はいっさい支払う必要はありませんので、気軽に電話をしてみることをお勧めします。

司法書士会に相談する

司法書士会に相談

多額の借金を抱え、債務整理を検討せざるをえない場合には、アヴァンス法務事務所などの司法書士会に相談する方法もあります。

債務整理の仕事は、弁護士しかできないものと考えがちですが、司法書士も債務整理の手続きを依頼することが可能です。
具体的には、自己破産や任意整理、個人再生などです。

司法書士会では、無料法律相談を実施していますので、あらかじめ電話をして日時を予約したうえで相談に出向くことをお勧めします。

また、直接司法書士と顔を合わせて借金問題や債務整理について相談をすることが恥ずかしいと考えている人へは、無料電話相談を利用することをお勧めしたいと思います。

司法書士会によって、受付時間帯は短いようですが、電話料金以外は無料で相談することが可能ですので、積極的に利用されることをお勧めしたいと思います。

地元都道府県の弁護士会に相談する

債務整理については、地元の都道府県の弁護士会に相談する方法もあります。

料金は、30分あたり5000円とやや高額ですが、弁護士会によっては消費者金融からの借金返済についての相談については無料で相談に応じているケースもあります。
このため気軽に相談されることをお勧めしたいと思います。

一方、弁護士会に出向いて債務整理について相談する場合、デメリットもあります。
それは、その場かぎりの相談であるため、弁護士側が踏み込んだ形での問題解決の提案をしてくれないことです。

具体的には「債務整理の手段については、自己破産や任意整理などの方法があります。

自己破産とは、当面の生活費を除いたすべての資産を債権者に支払うかわりに、借金返済を免除される方法です」とか、「個人再生という方法もあり、そのなかでは住宅ローン特則という方法を利用することによって、マンションを手放さずに債務整理をすることも可能です」と一般的な答え方をしてくるのです。

つまり「あなたの場合は、〇〇という債務整理の方法が適切と思われます」という形まで踏み込んだアドバイスはしてもらえないことが多い点はデメリットといえます。
また、相談に応じてくれる弁護士が、どのような人物かがあらかじめ不明な点もデメリットといえます。

司法試験に合格して司法修習が終わったばかりと推測される若手弁護士のときがあれば、50代の年齢のベテラン弁護士のときもあります。

どの職業においても、仕事に熟練した人物のほうが的確なアドバイスをしてくれるわけですから、誰が相談に応じてくれるかわからないという点はデメリットといえます。

債務整理を得意とする法律事務所に相談する

多額の借金を抱えてしまい、自宅マンションの住宅ローンさえ返済し続けることができるか否か困難な状況に陥り、債務整理を検討せざるをえない場合には、債務整理を得意分野とする法律事務所に相談することが、もっとも効率的といえます。

医師の世界やビジネスマンの世界にも言えることですが、ある特定の専門分野や得意分野を長年手掛けてきた人物は、その分野について深い知識と業務経験を持っています。

このため、ひとつひとつのケースについて的確なアドバイスをしてくれますし、的確な対応をしてくれます。

債務整理の分野でも同様です。債務整理を専門に手掛けてきた弁護士であれば、相談者がどのような内容の借金を抱えており、相談者がどのような方向で借金問題を解決したいと考えているかをヒアリングすると、それに適した解決策(債務整理の手段)を提示してくれます。

例えば、住宅ローンを抱えた相談者が「子供のためにもマンションだけは手放したくない」と強く要望すれば、相談者に意向を汲み取って、個人再生の申し立てという方法を提案してくれると想定できるのです。

闇金からも借金がある人は、どこに相談すべきか?

あなたは闇金からも借金がありますか?

もし、そうなら、闇金を得意とする弁護士や司法書士に相談しましょう。

なぜなら、その方がスムーズに借金の整理ができるからです。
闇金が得意な法律家の場合は、闇金だけでなく債務整理も同時に行ってくれますので、あなたは何かと楽になります。

闇金を得意とする弁護士や司法書士はこちら

まとめ

住宅ローンやカードローン、消費者金融からの借金など、多額の借金を抱えてしまい、返済を滞納することが確実な状況となってしまった場合には、すみやかに債務整理手続きに入るしか方法はありません。

そして、現代においてはインターネットで調べれば、ある程度の債務整理の方法については知識を得ることはできますが、実務的に何をすればよいのかを知ることはできません。

そのためにも、早めに法テラスや法律事務所、司法書士会に連絡をして相談することが必要です。
専門家と話をすることが、実務的な借金整理への第一歩となるのです。